お知らせ
02月14日 21:01

一周年のご挨拶


 一周年のご挨拶 


 予言者育成学園 Fortune Tellers Academy サービススタートから、おかげさまで一年が過ぎました。

 いまもまだ、多くの人がスマホゲームに対する懸念を口にする一方で、この業界は想像を絶する熾烈な過当競争の只中にあります。
 大きな成功を求めて新規参入者が続々と現れた夢のような時代はすでに遠く、いまはそれぞれのゲームが生き残りをかけ、日々しのぎを削っています。

 そんな厳しい時代にあって、この変わったゲームが無事に1年の節目を迎えられたことは、とても幸運だったと思っています。
 これは、日々支え続けてくれたプレイヤーの皆様のおかげ以外の、なにものでもありません。
 この場を借りて、心から御礼を申し上げます。

 2年目は、さらに多くのプレイヤーの皆様に、さらに大きな楽しさを提供し続けていけるよう、スタッフ一同で精進してまいります。
 今後とも、予言者育成学園 Fortune Tellers Academy をよろしくお願いいたします。


プロデューサー 藤澤 仁





 予言テスト制作ディレクターとして、あらゆるニュースを気にする1年でした。
 予言チームのメンバーと、毎日ネタを探すのは、まるで宝探しのようでした。
 予言チームで「これは!」という問題を作ったときのプレイヤーの反応が楽しみでした。
 今ではたくさんの人が予言テストに参加し、予言テストのネタまで考えてくれています。
 こんなに制作チームとユーザーの距離が近いゲームは、あまりないと思います。

 1年間続けてきて、僕らは週末にもっともお客さんが入った映画タイトルを当たり前のように知ってるし、安倍首相がいつ髪を切ったかを気にしたり、サンウルブズがなかなか勝てなかったことも知ってるし、カズレーザーが頭がいいことや、ポムポムプリンが大人気なことや、NHKの番組はなかなか思いどおりの展開にならないことを学んできました。

 これから先も、一緒に世の中のことを楽しく学んでいきましょう。
 2年目もよろしくお願いします。


予言テスト制作ディレクター 眞形隆之



予言者育成学園 Fortune Tellers Academy 運営チーム


戻る

ページの先頭へ戻る