お知らせ
05月09日 11:00

プロ野球記者が語る!今週の活躍予想 ※5/9 11:00更新

 開幕から1カ月が経ったプロ野球は、ますます盛り上がってきているネ!
 「活躍予想コラム」も今回で3回目!
 先週の予想結果は……

ホームラン
球団選手達成試合数
(出場試合数)
Hデスパイネ3試合(6試合)
DB筒香嘉智1試合(6試合)
F中田翔1試合(6試合)
C鈴木誠也0試合(6試合)

勝利投手
球団選手達成回数
G菅野智之1試合(1試合)
Bs金子千尋1試合(1試合)
E美馬学1試合(1試合)
E則本昂大1試合(1試合)
DB砂田毅樹1試合(3試合)
Tメッセンジャー0試合(1試合)
E辛島航0試合(1試合)
S秋吉亮0試合(3試合)
L大石達也0試合(0試合)
H五十嵐亮太0試合(2試合)

 鈴木誠也選手が1本も打てなかったのは意外だったけど、デスパイネ選手の爆発を予想したのはさすが!
 菅野投手の3試合連続完封も凄かったね!

 今週のテーマは「ツーベースヒット」&「ダブルプレー獲得」だ!

プロ野球記者が語る!今週の活躍予想

ツーベースヒット

 「ツーベースヒット(二塁打)」は確率論から考えて、打席が多く回るスタメン&上位打者が圧倒的に有利。

 大本命は巨人打線を引っ張る2人、セ・リーグの首位打者を突っ走る坂本勇人(巨人)とマギー(巨人)だ。坂本は31試合に出場し、リーグトップタイの二塁打10本。昨年もリーグ3位の二塁打28本を記録していて、数字的にも心強い。
 同じくトップタイのマギー(巨人)は、ここまで35安打中じつに10本が二塁打。3.5本に1本の割合で二塁打が出ている計算になり、規定打席到達者の中ではリーグトップの高い割合である。

 気になるのが、2014、15年に二塁打王に輝いた山田哲人(ヤクルト)の存在だ。4月は不振にあえいだが、5月5日からのDeNAとの3連戦では10打数5安打2本塁打と復調気配。二塁打も含めた長打の量産にも期待が持てる。

 パ・リーグは打撃好調の秋山翔吾(西武)、茂木栄五郎(楽天)が有力どころで、足のある左打者だけに好走塁も期待できる。

 今年、一気に覚醒した感のある駿太(オリックス)にも注目したい。追い込まれてからのノーステップ打法で、バッティングが粘っこくなった。

ダブルプレー獲得

 「ダブルプレー」はコントロールに優れているタイプ、あるいはボールを動かすことができるタイプが有利。

 前者であれば、ここまで5勝無敗、防御率1.60と絶好調の金子千尋(オリックス)だ。直近3試合で計5個のダブルプレーを奪っていて、ランナーが出ても持ち前の投球術で内野ゴロに仕留めることができる。

 後者であれば、ゴロアウトが多いピッチャーで知られるウルフ(西武)だ。6試合に先発し、6併殺。ダブルプレーを取れなかったのが1試合のみと、抜群の"安定感"を誇っている。

 一方で、少し意外なのが3試合連続完封中の菅野智之(巨人)。39回2/3を投げて、未だにダブルプレーがゼロ。そろそろ、ダブルプレーが出てもおかしくない頃ではある。

<記者:大利実>


バックナンバー

第2回 「ホームラン」「勝利投手」<記者:花田雪>

第1回 「得点」「三球奪三振」<記者:氏原英明>

戻る

ページの先頭へ戻る