運営からのお知らせ

一部のとくぎ・特性などの詳細な仕様について(2019年11月29日 追記)

11月29日 12:02
お知らせ
ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライトドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト
【2019年11月29日 追記】
[ 「自分の素早さが高いほど与えるダメージが大きくなる」とくぎについて ]
・「ピオラ」などで自分の素早さが上がると、与えるダメージが大きくなります。
・「こうどうはやい」などで行動順がラウンドの最初になっていても、与えるダメージは変化しません。
・相手の防御力が高いほど、与えるダメージが減少します。
・「バイキルト」や装備品などで自分の攻撃力を上げても、与えるダメージは変化しません。




【2019年11月14日 追記】
[ 「ダメージ軽減を無視する」効果について ]
・敵モンスターがとくぎ「ダメージバリア」や、「魔王」モンスターの特性などによるすべてのダメージを軽減する効果中でも、通常時と同じダメージを与えることができる効果です。
例:敵モンスターが「ダメージバリア」を使用したラウンドで「ダメージ軽減を無視する」とくぎで攻撃をした場合、「ダメージバリア」を使用しなかったラウンドで「ダメージ軽減を無視する」とくぎで攻撃をした場合と同等のダメージを与えることができます。

・下記の特性やとくぎ、装備品の錬金効果によるダメージ軽減は無視されません。
行動「ぼうぎょ」によるダメージ軽減
とくぎ「ダイヤアーマー」などによる体技ダメージ軽減
とくぎ「マジックバリア」などによる呪文ダメージ軽減
特性「いきなりブレードバリア」などによる斬撃ダメージ軽減
特性「メタルボディ」などによるダメージ軽減
リーダー特性「全ダメージを○%軽減」などによるダメージ軽減
錬金効果「ドルマ系ダメージ○%軽減」などによる属性ダメージ軽減
錬金効果「呪文ダメージ○%軽減」などによるとくぎのダメージ軽減
特性「不死のたましい」によるダメージ軽減
一部クエストの敵が使用するとくぎによるダメージ軽減
特性「超セイントボディ」によるダメージ軽減(2019年11月29日 追記)



[ 「ラウンドの最初や最後に使用する」とくぎについて ]
・「闘技場」「みんなで冒険」ではラウンドの最初、もしくはラウンドの最後にとくぎを使用します。
・ラウンドの最後に使用するとダメージがアップするとくぎの場合、ラウンドの一番最後に使用しなかった場合はダメージは変化しません。
・「闘技場」「みんなで冒険」において「リバース」を使用した場合、一部のとくぎは「リバース」の効果中にとくぎの発動順が逆転します。
例:「リバース」の効果中に「アンカーナックル」を使用した場合、とくぎの発動順は逆転し、ラウンドのはじめに発動します。
※「アンカーナックル」はラウンドの最後ではない時に使用すると、与えるダメージは減少します。
※「斬撃よそく」「ダメージバリア」「封印の霧」などの、とくぎの対象が「味方1体」「味方全体」「敵味方全体」で「ラウンドの最初に使用する」とくぎについては、「リバース」の効果中でもラウンドの最初に使用します。
・「ひとりで冒険」「まほうの地図で冒険」ではラウンドの最初や最後ではなく、行動選択時にとくぎを使用します。
※「ひとりで冒険」「まほうの地図で冒険」では、「リバース」の効果中でもとくぎの発動順は変わりません。



アイコン[ HP吸収状態について ]
・HP吸収状態になったモンスターは自分の行動後にHPが減少し、同時にHP吸収状態を与えたモンスターのHPが回復します。
・HP吸収状態になったモンスターか、HP吸収状態を与えたモンスターのいずれかが戦闘不能になった場合、HP吸収状態は解除されます。



[ 「自分の防御力が高いほど与えるダメージが大きくなる」とくぎについて ]
・「スカラ」などで自分の防御力が上がると、与えるダメージが大きくなります。
・「ダメージバリア」「ガイアシールド」などで自分へのダメージを軽減する状態になっていても、与えるダメージは変化しません。
・相手の防御力が高いほど、与えるダメージが減少します。
・「バイキルト」や装備品などで自分の攻撃力を上げても、与えるダメージは変化しません。



アイコン[ 「相手の属性耐性を下げる」効果について ]
・相手の属性耐性が「吸収」「無効」の場合、属性耐性を下げる効果は発揮されません。



アイコン[ 「自分が攻撃する時に、相手の属性耐性を下げる」効果について ]
・属性耐性は、強い順に「吸収」「無効」「激減」「半減」「軽減」「通常」「弱点」と変化します。
例:属性耐性を2ランク下げる場合、相手の属性耐性が「通常」であれば代わりに「弱点」として判定し、相手の属性耐性が「吸収」であれば代わりに「激減」として判定を行います。
・「自分が攻撃する時に、相手の属性耐性を下げる」効果を持つモンスターが攻撃した場合にのみ効果を発揮します。
・一部クエストのモンスターに対しては効果を発揮しません。
・「自分が攻撃する時に、相手の属性耐性を下げる」効果を持つモンスターが、同じく「自分が攻撃する時に、相手の属性耐性を下げる」固有効果を持つ装備品を装備しても、属性耐性を下げる効果は重複しません。



アイコン[ 「自分が攻撃する時に、相手の状態異常耐性を下げる」効果について ]
・状態異常耐性は、強い順に「無効」「かなり強い」「半減」「強い」「通常」「弱い」と変化します。
例:状態異常耐性を2ランク下げる場合、相手の状態異常耐性が「強い」であれば代わりに「弱い」として判定し、相手の状態異常耐性が「無効」であれば代わりに「半減」として判定を行います。
・「自分が攻撃する時に、相手の状態異常耐性を下げる」効果を持つモンスターが攻撃した場合にのみ効果を発揮します。
・一部クエストのモンスターに対しては効果を発揮しません。



アイコン[ 「AI2回目の行動でも作戦に応じてとくぎを使用する」効果について ]
・作戦「ガンガンいこうぜ」「いのちだいじに」「みんながんばれ」を設定している場合、AI2回目の行動時に、作戦に応じてとくぎを使用するなどの行動をします。
※プレイヤーが「とくぎ」を選択しても、作戦に応じた行動をします。
・「闘技場」では、「パーティを組む」画面で個別に設定した作戦に応じた行動をします。
・「ひとりで冒険」「まほうの地図で冒険」では、「作戦変更」ボタンの上に表示されている作戦に応じた行動をします。
・「みんなで冒険」では、作戦「みんながんばれ」に応じた行動をします。
・AI2回目の行動時に使用したとくぎでは、連携が発生しません。その次に行動する味方のとくぎでは、通常通り連携が発生することがあります。
・通常攻撃が変化する一部の装備品を装備していると、「AI2回目の行動でも作戦に応じてとくぎを使用する」効果は発生しません。対象の装備品は<こちら>をご確認ください。



[ 作戦に応じた行動について ]
・作戦「ガンガンいこうぜ」を設定すると、HPやMPを気にせず、最大のダメージを与える行動をします。
・作戦「いのちだいじに」を設定すると、HPの回復を優先する行動をします。
・作戦「みんながんばれ」を設定すると、攻撃と回復のバランスを重視した行動をします。
・作戦「とくぎつかうな」を設定すると、通常攻撃をします。

※相手モンスターの耐性や味方モンスターのHPなど、バトル時の状況によって行動は変わります。



[ 装備中に一部の特性などの効果が発生しない装備品 ]
まふうじの杖
冥王の大鎌
コアトルのヤリ
ムーンアックス
さじんのやり
まどろみの剣
誘惑の剣
エクスカリパー
はやぶさの剣
おうごんのツメ
ゴディアスの剣
ブラッドスピアー
真空の斧
どたまかなづち
ほしくずのつるぎ
きしんのまそう
グリンガムのムチ
グレートアックス
バリクナジャのムチ
スラ忍のくない
ニンジャカッター
災厄の剣
黒いはやぶさの剣
タイターンの針
源氏の小手
ミスリルスピア
昇天のヤリ
ライトシャムシール
ヘビ皮のムチ
ビルダーハンマー
おおきづち
竜戦士のこて
呪われしムチ
ブラックロッド
デスタムーアクロー
ランタンステッキ
フリーズウィップ
サタンネイル
天空のつるぎ
キラーピアス
ぎんがのつるぎ
メガトンハンマー
サタンアックス
パパスのつるぎ
モーニングスター
心砕きのヤリ
キャプテンクロー
ゴッドアックス
みわくのリボン
カミュの短剣
※2019年10月8日(火)15時00分時点での情報です。対象の装備品は今後追加される場合があります。
※一部の装備品は、一定のプラス値まで強化した場合にのみ、一部の特性などの効果が発生しなくなります。
※「サタンネイル」は、偶数ラウンドにのみ、一部の特性などの効果が発生しなくなります。