運営からのお知らせ

予言Times 第10号 『一周年を過ぎてのアレコレ』

03月07日 18:13
お知らせ
予言者育成学園 Fortune Tellers Academy予言者育成学園 Fortune Tellers Academy

―第10号―



こんにちはー!
新聞部の、カノンやでー!

予言者育成学園 Fortune Tellers Academy
『一周年記念感謝祭!』

めっちゃ盛り上がったみたいやねーっ!

視聴回数も 5万回近くいったみたいやけど……
それって、学園の生徒数より多いんやない?
いったい誰が見てんのやろね?

まあそれはさておき、
藤澤Pから、感謝祭で話したことの
補足があるって呼ばれたんよ!

そんなわけで、『予言Times』第10号!
ほな、はりきって行くでー!



▼こんちはー! 『一周年記念感謝祭』盛況だったようやね?

藤澤P「おかげさまで、ちょっと予想を超える反響でした。
 会場設営、新PV、ぬいぐるみ、お土産……などなど、正直、準備がたいへん過ぎたんですが、最終的には疲れも吹き飛ぶ楽しい一日でした。
 うちくらいの規模のゲームではちょっとやりすぎかと思うくらいだったんですが、やってよかったなといまは思ってます。
 来てくれた皆さん、観てくれた皆さん、改めてありがとうございました。
 スタッフの皆さんは、本当にお疲れ様でした




▼出席率もハンパなかったんやって?

藤澤P「そうなんだそうです。
 イベント運営に慣れてる人たちから、『無料イベントだと参加率は最大でもこれくらい』という話を聞かされていたので、少し多めに当選者を出したのですが、過去に例がない参加率で当日は急きょ椅子を追加するほどでした。
 スクエニ社内的にも、改めて『予言者育成学園のプレイヤーさんは熱い!』という印象になったようで、それもよかったなあと」


▼そんなに盛り上がったんなら、やってよかったやんね。

藤澤P「本当に。プレイヤーさんの顔を見られるイベントは、また今後もやりたいと思います。
 その時は、もう少し広い所でやれたらいいなあ」


▼で? 補足ってなんなん?

藤澤P「そうそう。
 準備の時間が足らず色々と至らなかった点もあったので、そのお詫びやら、その後の経過報告やらをしようかなと。
 さっそく、ひとつめ」


▼ふむ。

藤澤P「『学園リサーチ』のコーナーで、『ゴールド所持金額ランキング』というのを発表したのですが、たいへんすいません。内容が間違っておりました」


▼えー?

藤澤P「データ構造の都合上、集計をする際、まず上位40人のデータを集めて、そのさらに上位10人のデータを取るというやり方になるのですが、ここで誤って下位10人のデータを発表してしまいました。
 つまり、概ね31位から40位の人のデータを発表していたということになります。

 正しくは……、

1位 2億3,207万6,107G かす さん
2位 1億9,432万4,907G だいせんせい さん
3位 1億8,349万1,058G ぱねる さん
4位 1億7,140万8,141G 朔良 さん
5位 1億6,816万4,859G 陽炎 さん
6位 1億6,762万6,719G トロント さん
7位 1億6,549万3,319G テト さん
8位 1億6,322万4,184G びぃびぃ さん
9位 1億6,064万1,058G Luin さん
10位 1億5,417万6,720G ズーミン さん
(2/25時点)

 という結果でした。お詫びして訂正いたします。申し訳ありません」


▼ふんふん。そんで次は?

藤澤P「えーと、ふたつめ。
 第24期から『アルカナ捜索』の『強度6』のボスが必ずランクSになるようにします、という話をしたんですが、ちょっと説明不足がありました。
 正確には、全4戦の内訳が、『ランクA⇒ランクA⇒ランクA⇒(ボス)ランクS』となります


▼めっちゃ強くなってるやん!

藤澤P「そうなんです。
 道中のザコ敵も強敵になってるので、経験値とか稼ぎやすくなってます。って言うべきだったんですが、言うことが盛りだくさんで、この辺の説明が充分じゃなかったですね。
 知らずに戦った人がワーワーなってたと、後から報告を受けました」


▼なるほどね。言いたいことは以上でええん?

藤澤P「いや、もう一つ」


▼なんやの?

藤澤P「あれですよ、あれ。
 予言テスト1問の予知点数、上限は3点がいいか、4点がいいか、っていうアンケート」


▼ああ、そんなんあったねえ。それで、結果はどうやったの?

藤澤P「当日放送を観ていない人のために一応説明をしておくと、第23期から予言テスト1問の上限予知点数が、4点から3点に減りました。
 同じタイミングで出題数も4問から3問に減ったこともあって、プレイヤーによってはかなりPPが余る状態になってしまっていたことを受けて、ちょうどいいと思うのは4点なのか、3点なのかというのをアンケートで聞かせてもらいました。
 結果は、こんなんでした」

・3点派 …… 49.2%
・4点派 …… 50.7%


▼見事に真っ二つって感じやねえ。

藤澤P「多分こんな感じになるんだろうなと予想はしてました。
 なぜかと言うと、藤澤の心の中の比率も大体こんな感じだったので。
 ただ、それでも、4点派の方がもうちょっと多くなるんじゃないかと予想していました」


▼なんで4点派多くなるだろうと思ったん?

藤澤P「経験上、プレイヤーさんは仕様変更に対して懸念を持つ人の方が多いものだからです。
 なので、この場合も『もともとの仕様の方がよかった』と保守的に考える人の方が多いだろうと思っていました。
 けれど、現実はほぼ五分五分。
 予知点数を減らしたのは、一日あたりのプレイ時間を減らしたいという自分の考えによるものだったんですが、思っていた以上に、賛同者は多かったんだなと受け取っています」


▼じゃあ、3点でファイナルアンサー?

藤澤P「いや、第26期から、上限予知点数は一度 4点に戻します
 ちょっとややこしいんですが、一つの選択肢への重複可能数は 3点まで。一問の予言テストの上限予知点数は 4点まで、という仕様にします。
 もともと懸念していた通り、PPが余ってしまってやる気がなくなるという人も確実にいるので、『1日3問で上限予知点数4点』という状況を、自分自身も体験したいし、皆さんにも体験してもらいたいと思います。
 それを一ヶ月くらい試してみて自分なりに決心したいと思います。
 それでもどうしても悩んだら、またアンケートさせてください。慎重に決めます」


▼なるほどね。まあいろいろやってみるのはいいんちゃうの?

藤澤P「はい。で、補足でお伝えしたいことは以上です」


▼いやいやいや。まだあるやろ!?

藤澤P「えーと……。なんだっけ?」


▼アレやアレ。タンポラゴラぬいぐるみの予約数! あれ、みんなめっちゃ気になってんで!

藤澤P「ああ! そうでした!
 それについては最終的な答えがまとまったので、たぶんこの『予言Times』が公開されている頃にはご連絡がいってると思います。
 答え合わせも同じころにされると思います。
 タンポラゴラぬいぐるみは、果たして実現なるか!?


▼な、なんでそこで焦らすねん……。まあええわ。今日はこの辺で終わらせてもらうわ。最後に一言あったらどうぞ!

藤澤P「PSO2コラボなど、一周年合わせで色々な試みをさせてもらってることもあって、最近新規のプレイヤーさんもまた増えてきています。  今後も新規プレイヤーさんをお招きするための施策をどんどん打っていきたいので、みなさんも改めて周りのお友達などをお誘いいただければと思います!  予言者育成学園は、2年目もエンジン全開でがんばります!」


▼はい。藤澤P、ありがとうございましたー。




予言者育成学園 Fortune Tellers Academy 運営チーム

戻る