運営からのお知らせ

【8/29 実施予定】ゲームバランスの調整に関しまして

08月22日 17:00
重要なお知らせ
SERVANT of THRONESSERVANT of THRONES
『サーヴァント オブ スローンズ』をご利用いただきありがとうございます。

2018年08月29日(水)に実施を予定しているゲームバランスの調整に関して、お知らせいたします。

ゲームバランスの調整を行う経緯

『サーヴァント オブ スローンズ』は、より良いゲーム環境をお客様に提供できるように、日々の対戦データの集計と分析を行っております。
『サーヴァント オブ スローンズ』の掲げる"より良いゲーム環境"を構築するための方針は次の通りです。

  • 特定のカードの使用率や勝率が偏らない
  • 特定のロードの使用率や勝率が偏らない
  • 対戦コンテンツにおいて全てのカードがデッキ編成の選択肢になり得る
  • 対戦コンテンツにおいて全てのロードがデッキ編成の選択肢になり得る

『サーヴァント オブ スローンズ』では、引き続きレートバトルとチャレンジコロシアムにおける対戦データの集計と分析を行っております。
過去6回のバランス調整や、バランス調整以降の新カードの追加により環境がさらに変化しており、一部カードの使用率や、勝率などの面において新たに偏りが発生していることが判明いたしました。
上述の"より良いゲーム環境"の構築を目指し、この偏りを解消するため、2018年08月29日(水)に現在のゲーム環境におけるカードのバランス調整を実施いたします。
なお、本バランス調整は、2018年08月02日(木)から2018年08月07日(火)の対戦データをもとに、対象カードの選定および、調整内容を策定しております。

具体的な調整内容について

このたび実施するバランス調整の内容は次のとおりです。

使用率が低いロードの性能の調整

2018年08月02日(木)から2018年08月07日(火)の対戦データにおいて、使用率と勝率が低いロードの調整を行います。
調整対象を策定する上での使用率と勝率は、基本的にはチャレンジコロシアムのデータを参考としております。
チャレンジコロシアムでは「トーナメントルール(カードレベルがお互いに一定値で固定となるルール)」を適用しており、同一の条件下での対戦が成立しやすいためです。
このデータと併せて、レートバトルのチャンピオンアリーナ以上における使用率ならびに勝率を加味した上で、対象となるロードを検討しております。

調整内容

チャレンジコロシアムの対戦においての使用順位の低い次のロードが調整の対象となります。
ロード名 調整内容
フィート ロードスペル「ノーブル・シュバルリー」の性能調整
  1. リキャスト時間を60秒から45秒に短縮

各ロードの使用率の割合

現在のゲーム環境においてロードの使用率と勝率に偏りが発生していることを確認しています。
偏りが発生していることを裏付けるデータとして、2018年08月02日(木)から2018年08月07日(火)のチャレンジコロシアム、及びレートバトルにて集計された各ロードごとの使用率と勝率を開示します。

各ロードごとの使用率

ロード名 チャレンジコロシアム
での使用率
レートバトル
での使用率
ディアナ 45.36% 37.28%
トレイシー 15.92% 16.79%
フィート 11.78% 8.32%
オレール 26.95% 37.61%

各ロードごとの勝率

チャレンジコロシアムでの勝敗結果の割合
ロード名 勝率 引き分け率 敗北率
ディアナ 44.80% 0.28% 54.91%
トレイシー 61.94% 0.42% 37.62%
フィート 53.95% 0.14% 45.89%
オレール 51.52% 0.66% 47.81%

レートバトルでの勝敗結果の割合
ロード名 勝率 引き分け率 敗北率
ディアナ 59.75% 2.49% 37.75%
トレイシー 59.20% 2.57% 38.22%
フィート 60.68% 2.69% 36.62%
オレール 59.30% 3.34% 37.34%


一部カードの性能の調整

2018年08月02日(木)から2018年08月07日(火)の対戦データから、使用率と勝率を参照した上で、カードの調整を行います。
調整対象を策定する上での使用率と勝率は、基本的にはチャレンジコロシアムのデータを参考としております。
チャレンジコロシアムでは「トーナメントルール(カードレベルがお互いに一定値で固定となるルール)」が適用されるため、同一の条件下での対戦が成立しやすいためです。
このデータと併せて、レートバトルの対戦データを加味した上で、対象となるカードを検討しております。

使用率が低いSERVANTカードの性能の調整

チャレンジコロシアム、レートバトルでの対戦においての使用順位の低い次のSERVANTカードが調整の対象となります。

カードの調整内容
カード名 調整内容
ソエル
  • HPを上方調整
カードの使用順位と勝率
カード名
チャレンジ
コロシアム
レートバトル
使用順位 勝率 使用順位 勝率
ソエル 80位 48.29% 88位 47.98%

使用率と勝率が高いSERVANTカードの性能の調整

チャレンジコロシアム、レートバトルでの対戦においての使用順位と勝率の高い次のSERVANTカードが調整の対象となります。

カードの調整内容
カード名 調整内容
ガウェイン
  • 攻撃範囲を縮小調整
カードの使用順位と勝率
カード名
チャレンジ
コロシアム
レートバトル
使用順位 勝率 使用順位 勝率
ガウェイン 8位 46.86% 1位 48.46%

使用率と勝率が高いSPELLカードの性能の調整

チャレンジコロシアム、レートバトルでの対戦においての使用順位と勝率の高い次の SPELLカードが調整の対象となります。

カードの調整内容
カード名 調整内容
暴風
  • 効果範囲を下方調整
カードの使用順位と勝率
カード名
チャレンジ
コロシアム
レートバトル
使用順位 勝率 使用順位 勝率
暴風 16位 63.32% 30位 53.49%

特定カードの仕様の変更と調整

現在のゲーム環境における使用率と勝率を参考にした上で、現状の仕様ではカードの真価を発揮しにくいものを調整します。

カードの調整内容
カード名 調整内容
紅蓮弐式
  • 本来、攻城使い魔に対しての守備を得意とする使い魔であるが、現状の性能では攻城使い魔に対する抑止力が低く、活躍の場が少なくなってしまっている。
    上記を改善するため、敵の使い魔を掴むまでの時間を見直しました。

▼調整項目は下記となります
  • 敵の使い魔を掴むまでの時間を短縮調整
カードの使用順位と勝率
カード名
チャレンジ
コロシアム
レートバトル
使用順位 勝率 使用順位 勝率
紅蓮弐式 47位 30.79% 16位 46.03%

  • 「各カードの使用順位と勝率」に記載されている"使用順位"と"勝率"は、2018年08月02日(木)から2018年08月07日(火)のチャレンジコロシアム、レートバトルで集計されたデータです。
  • 「各カードの使用順位と勝率」に記載されている"使用順位"は、データ集計時の環境における全99種類のカードそれぞれがチャレンジコロシアム、レートバトルで使用された総回数をもとに算出しています。
  • 「各カードの使用順位と勝率」に記載されている"勝率"は、データ集計時の環境における全99種類のカードそれぞれがチャレンジコロシアム、レートバトルで使用された総回数をもとに算出しています。
  • 「各カードの使用順位と勝率」に記載されている"勝率"は、該当のカードが含まれたデッキがチャレンジコロシアム、レートバトルで使用された際における勝率を意味しています。

ゲームバランスの調整に伴いまして

ゲームバランスが調整されることで、これまであまり使用されていなかったカードが活躍できる可能性が生まれます。
あまり使用されていなかったことから、カードのレベルも上げ切れておらず即戦力になりにくい状況を鑑みて、ゲームバランスの調整に伴い次の内容を配布いたします。

アイテム名 配布個数
エーテル 5,000
ゴールド 5,000

  • 2018年08月29日(水)のゲームバランス調整後、上記内容を配布いたします。

今後のゲームバランスの調整について

2018年08月29日(水)のゲームバランス調整による、ゲーム環境の変化や、それに伴ってカードの使用率、勝率なども大きく変化していく事が予想されます。
新たなゲーム環境でも、引き続きデータデータの集計と分析を行い、『サーヴァント オブ スローンズ』の掲げる"より良いゲーム環境"の方針に基づいた調整を行ってまいります。
今後も、実施前に調整内容をお知らせする予定ですので、発表まで今しばらくお待ちください。



今後とも『サーヴァント オブ スローンズ』をよろしくお願いいたします。



戻る