運営からのお知らせ

プレミアムドローに『獅子王の咆哮』登場!

06月23日 00:00
キャンペーン
KINGDOM HEARTS Union χKINGDOM HEARTS Union χ
img
【開催期間】
6/23(金) 0:00 ~ 6/30(金) 23:59

★ギルト6『獅子王の咆哮』登場!
 2ターン防御力1段階&P属性防御力2段階ダウン!

■このドローについて
・1回ドローすると、復刻メダル6種から1枠確定となります。

・さらにオマケとして、VIPボードのアイテムを入手できる「VIPコイン」10枚と、『シド5』1枚が必ずついてきます。
 …シド5は★6メダルに合成することで、★6メダルのコストを5下げることができます。(下限コスト-20まで)

■『獅子王の咆哮』について
img ・ギルトボーナス時の倍率が100%~180%ギルト6メダルとなります。

・覚醒能力のスロットが3つあります。

★6アビリティ3段階強化済で排出されます。
 …アビリティ強化すると、アビリティの総ダメージ倍率が上がり非常に強くなります。このメダルは最初からアビリティが3段階強化されている状態です。

メダル名称 アビリティ能力 アビリティゲージ消費 アビリティ最大強化後総ダメージ ※1
獅子王の咆哮 【全体】相手の防御力を2ターン1段階ダウン。相手のP属性防御力を2ターン2段階ダウン。後ろのほうにセットするほど技の威力がアップ。12連続アタック。 4 ×7.28~10.59
※1 ギルトボーナスを含む値
※『獅子王の咆哮』は今後の期間限定ドローで復刻する場合があります。

■復刻メダルについて
・以下の復刻メダルいずれかが1枠確定で排出されます。
img
※復刻メダルのパラメーターはこちら
※今後も限定メダルは、時間をおいて復刻する場合があります。

■『獅子王の咆哮』の確定ストッパーは5回目確定!
・確率による排出運の差異を緩和するため、このドローで『獅子王の咆哮』が4回、一度も当たらなかった場合、5回目で必ず『獅子王の咆哮』が排出されます。

・『獅子王の咆哮』が排出されると、再び上記条件が繰り返されます。(4回、一度も当たらなかった場合、5回目に確定入手)

・上記の「一度も当たらなかった」回数は、開催期間中保持されます。(他のドローをおこなう、ドロー画面以外に遷移する、日をまたぐなどしても影響はありません)

※このドローでの確定ストッパー対象は『獅子王の咆哮』のみとなります。
 また、確定ストッパーの判定で排出されたメダルは、ステータスボーナスがつきません。

■今回の「ステータスボーナス」について
・以下のメダルが排出された際、ステータスボーナスがつく場合があります。

攻撃力・防御力+1000…『獅子王の咆哮』『アンセム SP Ver』『ソラ ウィズダムF HD Ver』
攻撃力+1000…『レオン イラスト Ver』『ソラ HD Ver』『セフィロス イラスト Ver』『リク イラスト Ver』

※ステータスボーナスがついているメダルは、メダル詳細画面でパラメーター数値が黄文字で表示されます。
※同メダル合成の際、ステータスボーナスのメダルを合成元にしないとステータスボーナスが消失してしまうのでご注意ください。
※ステータスボーナスつきメダルは、さらに合成用メダル『チップ』『デール』で攻撃力・防御力上限を通常どおりアップできます。

※単発のドローからも、新メダル、復刻メダル、ステータスボーナスつきメダルが排出される場合があります。

■復刻メダルのパラメーター
メダル名称 アビリティ能力 アビリティゲージ消費 アビリティ最大強化後総ダメージ ※1
アンセム SP Ver 【全体】自分の攻撃力を3ターン1段階強化。相手の防御力を3ターン1段階ダウン。後ろのほうにセットするほど技の威力がアップ。7連続アタック。 3 ×5.70~8.56
ソラ ウィズダムF HD Ver 【全体】相手の防御力を1ターン2段階ダウン。アビリティで攻撃をし続けるほど技の威力がアップ。8連続アタック。 3 ×5.47~9.09
レオン イラスト Ver 【全体】自分のP属性攻撃力を1ターン1段階強化。相手のP属性防御力を1ターン1段階ダウンさせて攻撃。4連続アタック。 1 ×7.35
ソラ HD Ver 【全体】自分の全属性攻撃力を2ターン1段階強化。自分のHPが高いほど技の威力がアップ。8連続アタック。 1 ×3.47~7.08
セフィロス イラスト Ver 【全体】超高威力の技で攻撃。5連続アタック。 3 ×7.82
リク イラスト Ver 【全体】自分のS属性攻撃力を1ターン2段階強化して大威力攻撃。11連続アタック。 2 ×5.88
※1 ギルトボーナスを含む値


最新情報は公式Twitterをフォロー!⇒ @KHUX_PR

戻る