運営からのお知らせ

プロ野球記者が語る!今週の活躍予想 ※5/16 11:00更新

05月16日 11:00
お知らせ
プロ野球が好きだ!2017プロ野球が好きだ!2017
 開幕から1カ月が経ったプロ野球は、ますます盛り上がってきているネ!

プロ野球を取材する記者の皆さんに今週の活躍を予想してもらう「達成予想コラム」
先週の予想結果はコレ!

ツーベースヒット
球団選手達成試合数
(出場試合数)
G坂本勇人0試合(4試合)
Gマギー1試合(4試合)
S山田哲人0試合(5試合)
E茂木栄五郎0試合(5試合)
Bs駿太1試合(5試合)
L秋山翔吾1試合(5試合)

ダブルプレー獲得
球団選手達成回数
Bs金子千尋0試合(1試合)
Lウルフ1試合(1試合)
G菅野智之0試合(1試合)

 ツーベース0本の坂本選手、山田選手、茂木選手だけど、しっかりとホームランは打って好調をキープ!
 菅野投手は開幕6試合でいまだダブルプレーゼロの珍記録(!?)を継続中だ!

 第4回の「達成予想コラム」は今週の週間イベント
 「マルチヒット」と「2連続奪三振」だよ!

プロ野球記者が語る!今週の活躍予想

マルチヒット

 パ・リーグに恐るべき「確変」を見せている男がいる。近藤健介(日本ハム)が5月15日までに残している打率は.433。先週に限っていえば、打率.643。もはや神がかっているとしか言いようがない数字だ。3打席立てば2安打できる計算になり、この勢いが持続できれば「マルチヒット」を量産することは間違いない。

 セ・リーグも目下首位打者の坂本勇人(巨人)は両リーグ最多の18ものマルチヒットを記録しており、押さえておきたいところ。

 1試合1本の安打を打ち続けることですら難しいのに、複数安打を多数記録するには、それ相応の技術力と対応力が求められる。その意味で該当するのは内川聖一(ソフトバンク)、浅村栄斗、秋山翔吾(ともに西武)、大島洋平(中日)あたり。

 ダークホースとして期待したいのは、西武のルーキー・源田壮亮。社会人時代の打順は9番で、キャンプ時は明らかにプロレベルから見劣りしていた打撃だが、ここにきて急激な順応力を見せている。打率は.314まで上昇しており、どこまで勢いが持続できるか見守りたい。

2連続奪三振

 「2連続奪三振」は三振を奪えるタイプのリリーフ投手が有利に思えるが、見落としてはいけないのは投手が打席に入るセ・リーグの優位性だ。

 そこで注目したいのは広島。1番打者の田中広輔はここまでリーグワースト2位の35三振を記録している。9番打者の投手が三振し、1番の田中も連続三振……というシミュレーションができる。試合終盤になると投手の打順で代打を送るケースが増えることを考えると、先発投手のほうが可能性は高いかもしれない。

 この仮説を元に考えると、今週広島と対戦するDeNAと中日の先発投手が最有力と思われる。そのなかで三振を奪える投手として浮上するのが、新人左腕・濱口遥大(DeNA)だ。独特の落差のあるチェンジアップを武器に、ここまで33回を投げて39奪三振。好不調のムラはあるものの、はまれば奪三振ショーを演じる可能性を秘めている。
<記者:菊地高弘>


バックナンバー

第3回 「ツーベースヒット」「ダブルプレー獲得」<記者:大利実>

第2回 「ホームラン」「勝利投手」<記者:花田雪>

第1回 「得点」「三球奪三振」<記者:氏原英明>

戻る