運営からのお知らせ

「冥竜王ヴェルザー」新生転生追加!

11月06日 15:00
お知らせ
ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライトドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト
新生転生追加バナー 「冥竜王ヴェルザー(ランクSS)」に新生転生先が追加!

新生転生についての詳細は<こちら>をご確認ください。



[ モンスター紹介 ]
冥竜王ヴェルザー(新生転生/ランクSS)
冥竜王ヴェルザー新生転生 ■おぼえるとくぎ
冥竜の劫火(読み方:めいりゅうのごうか)息デバフ
敵全体に、みがわりを無視してメラ系の息ダメージを与える。
命中した敵を継続MPダメージ状態にし、一定確率で回復封じ状態にする。

※「冥竜の劫火」による継続MPダメージ状態になると、一定値のMPダメージを行動後に受けます。
※相手を継続MPダメージ状態にするとくぎを複数回使用した場合、先にかかっていた継続MPダメージ状態は新しい継続MPダメージ状態で上書きされます。

真・天地鳴動体技デバフ
敵全体にランダムで8回、無属性の体技ダメージを与える。
命中した敵の体技防御を、一定確率で1段階ずつ下げる

■特性
・AI2回行動

・冥竜の竜鱗(※特性の上方修正を行いました)
敵から攻撃を受けた後に、HPとMPが回復する。

※敵の攻撃で自分がチカラつきた場合や、敵の攻撃後に敵がチカラつきた場合は、発動しません。
※敵が特性「亡者の執念」などによって執念状態になっている場合も、発動しません。
※敵からダメージを受けた場合のみ発動します。状態異常によるダメージ、攻撃をはね返すとくぎで受けたダメージや自身または味方モンスターから攻撃を受けた場合は発動しません。

・黒炎のオーラ
バトルの最初に発動し、防御力・呪文防御・息防御・斬撃防御が1段階ずつ上がる。
3ターンの間状態異常になるのを防ぐ

・炎と雷の使い手
自分が攻撃する時に相手のメラ耐性とギラ耐性を1ランク下げる

・真竜の戦い
バトルの最初に発動し、敵全体を「チカラつきた時、味方全体にダメージを与え、一定確率で息防御を下げる」状態にする。

※ダメージを受けるモンスターの残りHPに応じた割合でダメージを与えます。
※一度「味方全体にダメージを与える」効果が発動したモンスターも、復活させた場合は再度「真竜の戦い」の効果が発動します。
※「真竜の戦い」によるダメージは、「ダメージバリア」などの効果を受けます。
※チカラつきたモンスターが、特定のモンスターへ与えるダメージが増える特性などを持っている場合、ダメージが増える対象の味方に対しては、「真竜の戦い」によるダメージも増えます。
※一部クエストのモンスターに対しては無効です。

・被ダメージ上限値999
1回の攻撃で受けるダメージが、最大で999までになる。

※「〇回ダメージを与える」とくぎなどを受けた場合は、1回ごとに受けるダメージが最大で999までになります。
※今後一部のクエストでは無効になる可能性があります。


■リーダー特性
・最大HPを30%アップ

耐性
・「冥竜王ヴェルザー(ランクSS)」を新生転生させると、「バギ耐性」が「普通」から「無効」に変化します。

■冥竜王ヴェルザーの新生転生に必要な転生用モンスター
・魔界のたまご1体

既存の特性の上方修正
・特性「冥竜の竜鱗」の、「HPが回復する」回復量を上方調整し、「MPが回復する」効果を追加

※本変更は新生転生前の「冥竜王ヴェルザー(ランクSS)」にも適用されます。



既存のとくぎ「魔界の業火」と特性「炎と雷の使い手」について
・「炎と雷の使い手」の効果によって、ギラ耐性が「無効」のモンスターにも「魔界の業火」が命中するようになります。
・ただし、ギラ耐性が「無効」のモンスターのうち、特性「メタルボディ」「ハードメタルボディ」を持つモンスターに対しては、「炎と雷の使い手」を持っていても、「魔界の業火」による「継続ダメージ状態」のみ、今までと同様にミスになります。

※クエストで敵が使用する「魔界の業火」では、「継続ダメージ状態」になる可能性があります。

詳細は<こちら>をご確認ください。



[ 注意事項 ]
1. 「冥竜王ヴェルザー」の「新生転生」には、特殊な転生用モンスター「魔界のたまご」が必要です。

2. すでに牧場にいるモンスターが新生転生する際に必要なモンスターは、フッターメニュー「モンスター」>「育成する」>「新生転生させる」からご確認ください。

3. 「魔界のたまご」は、ひとりで冒険「たまご集めの扉」などで出現します。また、ちいさなメダル交換所で交換できます。

4. [ モンスター紹介 ]に掲載している「おぼえるとくぎ」「特性」などの説明文は、ゲーム内で表示される文章とは異なる場合があります。

5. 一部のとくぎ・特性などの詳細な仕様については、<こちら>をご確認ください。

戻る