運営からのお知らせ

プロ野球記者が語る!今週の活躍予想 ※9/5(火) 11:00更新

09月05日 11:00
お知らせ
プロ野球が好きだ!2017プロ野球が好きだ!2017
 ソフトバンクが優勝マジックを点灯させ、ラストスパートの気配!
 一方の広島は、マジックが点いたり消えたりと、ファンもヤキモキしている……!?

 記者さんに先週のコラムで予想してもらったのは「ホームラン」と「2連続奪三振」。果たして的中結果は!?

ホームラン
Dゲレーロ2試合(6試合)
BsT-岡田2試合(6試合)
L山川穂高2試合(6試合)
DBロペス1試合(6試合)
D福田永将1試合(6試合)
Bs吉田正尚1試合(6試合)
Sバレンティン0試合(6試合)
Eウィーラー0試合(6試合)
Fレアード0試合(5試合)
H柳田悠岐0試合(5試合)
Hデスパイネ0試合(5試合)
Cエルドレッド0試合(3試合)

2連続奪三振
Hサファテ2試合(3試合)
DB山﨑康晃1試合(2試合)
D小笠原慎之介1試合(1試合)
H石川柊太1試合(1試合)
E則本昂大1試合(1試合)
G菅野智之0試合(1試合)
DB濱口遥大0試合(1試合)
G畠世周0試合(1試合)
Hバンデンハーク0試合(1試合)
F増井浩俊0試合(1試合)

 各チーム、投打の主役がしっかりと仕事をこなしているネ!
 特にソフトバンクの石川柊太投手は、8月31日に大谷翔平投手に投げ勝って6勝目!育成出身から大ブレイクだ!

 さぁ、そろそろ優勝の行方が見えてきた今週、テーマは「盗塁阻止」と「ホールド」だよ!

プロ野球記者が語る!今週の活躍予想

盗塁阻止

 キャッチャーの「盗塁阻止」は、「盗塁阻止率」から見ていくのが一番予想を立てやすい。
 9月2日現在、パ・リーグは.355の甲斐拓也(ソフトバンク)、.333の炭谷銀仁朗(西武)、セ・リーグは中村悠平(ヤクルト)が.370、小林誠司(巨人)が.366を残し、トップ争いを繰り広げている。
 確率的に見れば、この4人の名前を挙げておけば、大外れはない。ちなみに、昨年は炭谷が.317、小林が.356で阻止率1位。強肩が売りの小林の安定感が光る。

 一方で、「盗塁阻止率が高い」となれば、相手ランナーの盗塁企図そのものが減る場合がある。
 今年でいえば、甲斐と小林のときにその傾向が強い。たとえば、セ・リーグの小林と中村を比べると、相手の企図数は小林が41で、中村は73。
 そう考えると、企図数が多いうえに、盗塁阻止率が高い中村のほうがランナーを刺す可能性は高いといえる。
 ただ、火曜日から巨人が戦うのは中日。チームとしての盗塁企図数がリーグ2番目に多く、積極果敢に走ってくる。
 成功率はリーグ3番目と決して高いわけではない。盗塁数21個(リーグ3位)を誇るルーキー京田陽太の足と小林の肩の対決に注目だ。

ホールド

 投手の「ホールド」は細かい規定がいくつもあるが、大まかな条件は次の4つ。
 ①先発投手、勝利投手、敗戦投手、セーブ投手ではない。
 ②自チーム最終守備イニングの3アウト目を取った投手ではない。
 ③1アウト以上を取る。
 ④走者を残して降板したあと、その走者が同点または逆転の走者としてホームインしていない。
 簡単にいえば、「好投した中継ぎ投手」の記録ということ。先発や抑えには適用されない。
 パ・リーグの本命は「8回の男」岩崎翔(ソフトバンク)。シーズン開幕時から好調を維持しているが、8月5日に浅村栄斗(西武)に2ランを浴びて以降、12試合連続無失点。この間、37打数2安打と完ぺきな投球を見せている。現在35ホールドで、パ・リーグ記録の45(2012年増井浩俊)に迫る勢いである。
 セ・リーグは、首位を追いかける阪神の桑原謙太郎(33ホールド)、マテオ(31ホールド)が有力候補。
 さらに、11戦連続無失点で防御率0.00を続ける石崎剛も、面白い存在となる。

<記者:大利実>


バックナンバー

第19回 「ホームラン」と「2連続奪三振」<記者:菊地高広>

第18回 「盗塁」と「省エネ投球」<記者:花田雪>

第17回 「マルチヒット」と「ダブルプレー獲得」<記者:氏原英明>

第16回 「猛打賞」と「勝利投手」 <記者:大利実>

第15回 「長打ヒット」と「イニング無失点」 <記者:花田雪>

第14回 「ツーベースヒット」と「イニング無四球投球」 <記者:花田雪>

第13回 「打点」と「三者凡退」 <記者:氏原英明>

第12回 「2連続奪三振」と「ホームラン」 <記者:大利実>

第11回 「マルチヒット」と「三球奪三振」 <記者:菊地高弘>

第10回 「ホームラン」と「勝利投手」② <記者:花田雪>

第9回 「ホームラン」と「勝利投手」① <記者:氏原英明>

第8回 「得点」と「イニング無四球」<記者:花田雪>

第7回 「盗塁」と「省エネ投球」<記者:大利実>

第6回 「打点」と「三者凡退」<記者:菊地高弘>

第5回 「猛打賞」と「セーブ」<記者:氏原英明>

第4回 「マルチヒット」と「2連続奪三振」<記者:菊地高弘>

第3回 「ツーベースヒット」「ダブルプレー獲得」<記者:大利実>

第2回 「ホームラン」「勝利投手」<記者:花田雪>

第1回 「得点」「三球奪三振」<記者:氏原英明>

戻る