お知らせ
06月13日 11:00

プロ野球記者が語る!今週の活躍予想 ※6/13(火) 11:00更新

 交流戦も終盤!
 巨人やヤクルトなど大型連敗を喫するチームもあったり、今年も交流戦は大きな「ターニングポイント」になりそうだ!

 先週の「達成予想コラム」的中結果はコチラ!

盗塁
L源田壮亮1試合(6試合)
L金子侑司0試合(6試合)
L秋山翔吾1試合(6試合)
L外崎修汰1試合(6試合)

省エネ投球
Bs山岡泰輔1試合(1試合)
E美馬学0試合(1試合)
H千賀滉大0試合(0試合)
L牧田和久0試合(3試合)
Bs黒木優太0試合(3試合)

 先週5勝1敗と好調だった西武は、4人中3人が盗塁を記録!
 「省エネ投球」の的中は本命の山岡投手だけだったけど、登録抹消の千賀投手を除いて、他の3投手も好投を見せてくれた!

 さぁ、今週のテーマは、「得点」&「イニング無四球」だ!

プロ野球記者が語る!今週の活躍予想

得点

 「得点」は個人の力よりもチーム状態に左右される。どれだけ出塁しても、後続の打者が走者を返してくれなければ記録されないからだ。

 その意味で今週、多くの得点が期待できるのはソフトバンク。先週は6試合で5勝1敗、30得点と好調をキープしているうえ、13日からの対戦相手は巨人。大型連敗はストップしたとはいえ、投手陣が整備されているとは言い難い。その上、ホームランの出やすい東京ドームでの試合となれば、必然的に大量得点の可能性も高まる。

 チームは内川聖一、デスパイネの主力2人が離脱しているが、それでも打線の破壊力は12球団屈指。大本命は先週、3本塁打5得点と爆発した柳田悠岐。さらには今宮健太、上林誠和なども候補に挙げたい。

 セ・リーグなら首位を走る広島を牽引する鈴木誠也、田中広輔、菊池涼介、丸佳浩、安部友裕などが有力だ。

イニング無四球投球

 手堅いところを狙うのであれば、基本的に毎試合、先発投手は押さえておこう。よほど打ち込まれない限りは5回以上投げてくれるため、1試合で1度は「イニング無四球」を記録してくれるはずだ。

 制球力に定評のある菅野智之、マイコラス(ともに巨人)、美馬学(楽天)、今季68回を投げてわずか8四球の秋山拓巳(阪神)などは特に狙い目だ。

 リリーフ投手の場合は、登板機会が試合状況に左右されるうえ、基本的に1試合1イニング前後の投球機会しかないため、予想は難しい。チーム状況と個人の調子、能力を加味した上でイチ押しなのが、山﨑康晃(DeNA)。今季は28試合、26回を投げて、与えた四球はわずか3。目下、登板5試合連続で「無四球イニング」を記録中だ。チーム状況も決して悪くないだけに、登板機会があれば1週間で複数の達成が期待できるだろう。

<記者:花田雪>


バックナンバー

第7回 「盗塁」と「省エネ投球」<記者:大利実>

第6回 「打点」と「三者凡退」<記者:菊地高弘>

第5回 「猛打賞」と「セーブ」<記者:氏原英明>

第4回 「マルチヒット」と「2連続奪三振」<記者:菊地高弘>

第3回 「ツーベースヒット」「ダブルプレー獲得」<記者:大利実>

第2回 「ホームラン」「勝利投手」<記者:花田雪>

第1回 「得点」「三球奪三振」<記者:氏原英明>

戻る

ページの先頭へ戻る