運営からのお知らせ

プロ野球記者が語る!今週の活躍予想 ※8/15(火) 11:00更新

08月15日 11:00
お知らせ
プロ野球が好きだ!2017プロ野球が好きだ!2017
 消滅してしまったけれど、8月8日にはセ・リーグ首位の広島が球団史上最速でマジック点灯!
 混戦模様のパ・リーグとともに、優勝争いから目が離せなくなってきた!

 先週、記者さんに予想してもらったのは「猛打賞」と「勝利投手」!
 果たして的中結果は……?

猛打賞
L秋山翔吾1試合(6試合)
G陽岱鋼1試合(6試合)
Sバレンティン1試合(6試合)
F松本剛0試合(4試合)
Eオコエ瑠偉0試合(5試合)
C丸佳浩0試合(6試合)
L山川穂高0試合(6試合)
M加藤翔平0試合(6試合)

勝利投手
C薮田和樹1試合(1試合)
H東浜巨1試合(1試合)
L武隈祥太1試合(3試合)
L菊池雄星0試合(1試合)
G菅野智之0試合(1試合)
Tメッセンジャー0試合(1試合)
G西村健太朗0試合(3試合)

 8月12日には広島の薮田投手が巨人戦でプロ初完投・初完封!
 見事に予想に応えてくれたね!

 今週のテーマは「マルチヒット」&「ダブルプレー獲得」だ!

プロ野球記者が語る!今週の活躍予想

マルチヒット

 夏場に入り投打ともに疲れの見えるころだけに、好不調の波が分かれ目となる。
 西武の秋山翔吾、浅村栄斗は調子がよく、ここまでリーグ1、2位を争うマルチヒットをマークしている。
 13試合連続安打中の角中勝也(ロッテ)をはじめ、中島宏之(オリックス)、中村晃、今宮健太(ともにソフトバンク)、銀次(楽天)も好調だ。
 日本ハムは西川遥輝の復調に期待したい。
 大穴をみつけるとしたら、1軍昇格後の勢いを持続しているオコエ瑠偉(楽天)。13日まで6試合連続安打を継続中で、そのうち3試合がマルチヒットだ。

 セ・リーグは一時期の不調を脱した山田哲人(ヤクルト)が絶好調。
 巨人の1、2番コンビ、陽岱鋼&マギーも狙い目だ。
 マルチヒット数ではリーグ上位の丸佳浩(広島)や坂本勇人(巨人)は調子がやや下降線だが、丸は13日の試合でマルチヒットを記録。これを復調の兆しとみるか。
 阪神は鳥谷敬が安定しているが、6番という打順がどう響くか。
 他チームでは大島洋平(中日)、筒香嘉智(DeNA)も調子を上げている。
 また、固め打ちの多い、桑原将志(DeNA)も押さえておきたい。

ダブルプレー獲得

 「ダブルプレー」は、ゴロを取るタイプの投手かどうかが注目ポイントになる。
 オリックスのディクソンと松葉貴大のふたりはゴロ率が高く、ダブルプレーを奪えそうだ。
 ソフトバンクは東浜巨がゴロを取るタイプで、現在の調子から見てもテッパンの予想といっていい。
 ロッテの石川歩、西武では前回完封した多和田真三郎が面白い。
 楽天は先発なら塩見貴洋、リリーフなら福山博之もあり得る。
 日本ハムは、先発復帰となれば大谷翔平がいる。

 セ・リーグは外国人投手に期待したい。
 マイコラス(巨人)、ブキャナン(ヤクルト)は達成の可能性大。
 故障上がりで好調のウィーランド(DeNA)に目を向けてもいい。
 広島投手陣は多めにマークしよう。薮田和樹、岡田明丈はゴロを打たせるのがうまく、野村祐輔も調子が上がってきている。
 田口麗斗(巨人)、岩田稔(阪神)、大野雄大(中日)も、意外とゴロを取るのが上手い。

<記者:氏原英明>


バックナンバー

第16回 「猛打賞」と「勝利投手」 <記者:大利実>

第15回 「長打ヒット」と「イニング無失点」 <記者:花田雪>

第14回 「ツーベースヒット」と「イニング無四球投球」 <記者:花田雪>

第13回 「打点」と「三者凡退」 <記者:氏原英明>

第12回 「2連続奪三振」と「ホームラン」 <記者:大利実>

第11回 「マルチヒット」と「三球奪三振」 <記者:菊地高弘>

第10回 「ホームラン」と「勝利投手」② <記者:花田雪>

第9回 「ホームラン」と「勝利投手」① <記者:氏原英明>

第8回 「得点」と「イニング無四球」<記者:花田雪>

第7回 「盗塁」と「省エネ投球」<記者:大利実>

第6回 「打点」と「三者凡退」<記者:菊地高弘>

第5回 「猛打賞」と「セーブ」<記者:氏原英明>

第4回 「マルチヒット」と「2連続奪三振」<記者:菊地高弘>

第3回 「ツーベースヒット」「ダブルプレー獲得」<記者:大利実>

第2回 「ホームラン」「勝利投手」<記者:花田雪>

第1回 「得点」「三球奪三振」<記者:氏原英明>

戻る